スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだこの暑さ!

夫、移植から988日目
実はちょっとここのところ風邪気味です。
日中は真夏の暑さ
気温の日内変動に、体がついて行かない様子
2週間ほど前から咳をしてたのが
やっとおちついてきたと思ったら
今日から再び喉が痛くなってきたとのこと。
寝冷えしちゃったかな?

でも風邪=高熱だったのが
去年の秋以来、発熱はなしできているので
だいぶ免疫力もついてきた模様
ま~移植日誕生日だとすれば
2歳半ってとこなので
風邪もひくわなぁ
スポンサーサイト

久しぶりのアップです。

かな~~り久しぶりのアップになりました。
夫、移植から958日目
おかげさまで、元気です。

直近の血液検査
相変わらず血小板は低いですが
他はOK

3日ほど前から風邪気味ではあるものの
熱はでてません。
以前は風邪→高熱だったのが
今回初めて 熱を出さずに回復してきてます。
免疫力もだいぶついたみたい(^^)

平穏無事に、ただただ感謝です。

人工肛門のこと その②

夫、移植から896日目
今日は、夫と腸専門の外科外来へ
先日受けた、大腸の検査結果と今後の流れについての説明でした。
結果・・・・ 人工肛門を閉じる手術はしないことに決めました。

前回までは、これまでずっと担当だった主治医(膵臓、胆嚢専門)の外来で、主治医曰く「人工肛門を閉じる手術なんて、1週間の入院でいいし
簡単だよ~ 。ちょっと狭くなってるとこもあるみたいだけど、機械で
広げれば大丈夫でしょう。詳しくは腸専門の先生の外来できいてください。」という軽~い対応。
手術にむけての心電図やレントゲンまでとってたのですが・・・
ふたを開けてみたら
狭窄してた箇所が、3年前と比べて
かなり長くなっていたことが判明
おそらく、白血病治療時の抗がん剤の影響だろうとのこと。
んで、下手すると大腸を全部摘出して
小腸と肛門をつなぐことになるそうです。
そうなると、大手術になり、おまけに術後は
排泄のコントロールが難しいだろうという見解でした。

先日の主治医のあの軽いのりはなんだったのか(--:)

物理的には、手術は可能だけど
手術したら、今より生活の質は落ちるという医師の説明で
夫は「手術はしません」ときっぱり。

手術をしない=今の生活のレベルが継続ではありますが
人工肛門を、一生抱えて生きることが決まったわけで・・・
人工肛門を造るに至った経緯を考えると
夫の気持ちを思うと
なんとも複雑です。

ということで、人工肛門を抱えながら
これからの人生をどんだけ楽しむかに
フォーカスを当てていくことになりました。

その第一弾として
病院から戻って、プレミアの日本酒で二人で乾杯!
あて(つまみのことです)は、滋賀名産 小鮎の飴煮で。

どんな過酷な状況でも
うろたえることなく、静かに受け止めてきた夫
心から尊敬します。

寅さんはカウンセラー

夫、移植から799日目
おかげさまで、今日も元気に仕事にいって
無事帰ってきてくれました。

さて話題はガラリと変わりますが
毎週土曜の夜、大好きな寅さんがBSジャパンで放映されてます。
実は寅さんは、私の命の恩人だったりします。

もともとは夫が寅さんファンでした。
でも私は、寅さんの良さがさっぱりわかりませんでした。

「見る前からストーリーが決まってる映画のどこが面白いわけぇ?」と
寅さんを観ながら、泣いたり笑ったりするする夫をさめた目でみていたものです。

それが、大ファンになったのは
長女が他界して1か月たったころでした。
当時、私はどうやったら娘のところに間違いなくいけるか、それしか頭にありませんでした。ものの本によると、自殺すると地獄に行くと書いてあったので
自殺では天国にいる娘には会えなくなると思い
いかに自然死で意図的に死ねるか?という
わけのわからないことを真剣に考える日々でした。

そんな時、見るとはなしにつけていテレビに寅さんが映っていました。
どんなストーリーやシーンだったかすら覚えてませんが
一瞬、寅さんをみて「ふふっ」と笑ったんです。
笑った自分にびっくりしたことは今でもはっきり覚えています。
その時、「あー 私まだ笑えるんだ。 笑えるんだったら、もう少し生きてみよう」
不思議とそう思えたんです。

それから、寅さんは私の最高のカウンセラー。
なんたって、あの細い目と、少し癖のある髪が
大好きな夫そっくりなところも、ぐっときます♪
初対面の人の氷ついた心も、一瞬にとかして自己開示させてしまう寅さんは
私の目指すカウンセラーなのです。

どんな愛のささやきよりも

夫、移植から783日目
おかげさまで今日も元気です。

夕方、夕飯をこしらえる私の傍で
夫が「あ~~ 腹へった~」と一言。

この言葉、どんな愛のささやきより(夫に愛をささやかれた記憶はないけれど・・・)
私をうっとりさせてくれます。
一時は、ひとさじのお粥さえ口にできず
点滴や、経管栄養で命をつないでいた夫なので
「腹がへる」ってことが
とっても有難いのです。
そして、腹が減ったら食べられるものがなんでもあるということも
なんとも有難いことです。

日本であっても、食べたいのに食べるものがない状況にある人は
決して少なくありません。

食べられること、食べるものがあること
この幸せが、すべての人に与えられることを願ってやみません。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。