スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい時は・・・

外泊ウィークも今日で終わり。
楽しい時間はあっという間にすぎて
夕方から、再び病院です。

いよいよ明日から、地固め療法3回目
通算4回目の抗がん剤治療がはじまります。
にもかかわらず
いきなり夫、個室から大部屋に移動になりました。
重症の急患の方がこられて、どうしても個室が必要なのだそうです。
現時点では、夫、血液検査はほぼ正常値
大部屋に移されるってことは
それだけ元気と判断されたのだと思います。

抗がん剤の影響で
血球が下がってくる頃には
なんとか個室を都合してくださるとのことでした。
(減りだすと、一気に下がるので
 なるべく早く確保してくださいね~~)

何しろ、今回は入院の翌日から
3か月以上個室生活だったので
荷物もそこそ増えてまして。。。(^^:)
とりあえず、必要最小限の物以外は
車に移しました。

大部屋のお仲間は御二方
どちらも夫と同じ
血液の病気とのこと。

個室とちがって不便なことも多いのですが
同じ病と闘っておられる方々と
お知り合いになれるのも大部屋ならではです。

どうか、どうか明日からの治療
2回目の地固め同様
大過なく、無事に終了しますように。
白血病細胞だけが根こそぎ消えて
健やかな血球だけが
速やかに立ちあがってきますように。
それから、心臓に悪さをしませんように。

神様、仏様
鬼でも蛇でもかまいません。
とにかく、夫を守ってください。

もちろん、私も
何が何でも、夫を元気にしてみせます!
スポンサーサイト

長生きの秘訣

昨日は仕事がらみで
いつもお世話になっている健診業者さんの
事業報告会にいってきました。

報告会の後は、特別講演会があり
キャスターの福島 敦子さんのお話をきいてきました。
テーマは
ー私が出会った、素敵な人たちー
「私の取材手帳から」

これまで取材などを通じて知った
有名人のお話でした。
その一人 市川 昆映画監督のエピソードが心に残りました。
市川監督は、60本/日タバコを吸うヘビースモーカー
好物はお肉
不規則な生活、にもかかわらず
90歳をすぎてもなお
現役で監督をされていたとのこと。

なぜ?
それはとにかく映画を創ることが
好きで 好きでたまらなかったからだそうです。

映画を作るために
もっとあの本を読みたい
あの場所にいきたい
あの人の話を聴きたい
映画の話になるとまるで少年のように
目をきらっきらさせて
福島さんに、2時間以上も語ったのだとか。

時間も忘れて没頭できる
大好きなこと
これを持つことが元気で長生きの秘訣だそうです。

仕事人間の夫には、これといって
趣味など持っていません。
元気で長生きしてもらうためにも
何か夢中になれるもの
見つけてくれるといいのになぁ

あっ そうかぁ~

夫本日の血液検査
白血球4300 ヘモグロビン 12.3! 血小板は20万
炎症反応を示すCRPは0・06です。
血液検査だけでいえば、夫はすべて正常値
健康診断ならA判定ってとこです。
癌のなかでも、白血病というのはかなり特殊ですね。

ただ、顔つきが
以前と違ってきました。
涼しくて、且つ凛々しい目元が
最近ちょっとよわよわしいのです。

顔相が変わると、それだけで不安になります。
でも考えてみると
あっ そうかぁ~
夫は、抗がん剤治療通算3回目にして
眉毛もまつ毛もほとんど抜けてましまいました。
それで、目元の感じが
変わってみえるんですね。

本来の夫は
筆で描いたようなしゅっとした眉毛
ま~御世辞に瞳は「つぶら」とはいえませんが
(寅さんなみの細目です)
まつ毛がぬけてしまっては
目元もかわるわけです。

必要なすべての治療が無事に終了して
以前の凛々しい夫の目元に戻りますように。

明日から外泊予定です。

夫、明日から外泊予定です。
私は仕事を休めないので、夫には自力で帰宅してもらいます。
「けちらないで、タクシーで帰ってね」と何度も念押ししました。

明日、家で夫がまっていてくれると思うと
それだけで仕事頑張れます♪

話題はガラッとかわりますが
あの震災から、3か月がたとうとしています。
たった3カ月なのに
すでに被災地では「風化」を肌で感じるとか。。。

http://blog.livedoor.jp/coolsportsphoto/

上は、お母様と弟さんを津波で亡くされた方のブログです。
よかったら覗いてください。

私は、白血病の夫を置いて
被災地に行く勇気がないへたれですが
せめて、継続的な義援金は続けます。

きっと、日本中の方々が
心は被災地に想いを馳せていると思いますが
「悲しいこと」「辛いこと」からは
離れてしまいたいと思うのが
人情だと思います。
私自身、正直「自分のことで精一杯」と思うことで
逃げていました。

でもこのブログを拝見して
「逃げてる場合ではない」と
叱責されました。

今、できること
やっていきましょう!

夫、障害者認定がおりました。

夫に障害者手帳4級の認定がおりました。
人工肛門になって、1年あまり
手帳の取得は考えていませんでしたが
病院のスタッフから「人工肛門のパウチ(袋)がほとんど無料になるから」と
すすめられました。

いわれるままに申請し
先日に認定されました。
手帳を眺めながら、夫は深いため息。

「腸がつながればなぁ~」それが夫の口癖
パウチの交換を、まるで職人にような器用な手つきでこなす夫。
傍目には、特に大きな不便を感じないほど
日常の一部になっていますが
夫にとっては
大きなストレスになっています。

今年の1月には、人工肛門は閉じる予定でした。
具体的な日程を決めようとした矢先に
骨髄異形成症候群の診断
その2か月後には急性骨髄性白血病へ移行
人工肛門を造る経緯も
胃とのう胞をつなぐ手術をした故の結果です。

人工肛門を閉じられる時がくれば
手帳は返却となります。
そんな日が、一日も早くきますように。





カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。