スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期戦

のう胞の洗浄を再開して
ほどなく夫の熱は下がり
血液検査の結果も正常値に戻った。

それはそれで嬉しいのだが
まだまだ洗浄が必要ということだ。
洗浄といっても、最近はせいぜい20cc程度の
生理食塩水を流すだけ。
のう胞の洗浄というより、管にでてきた膿を
洗い流すといった感じだ。

直近の検査では
のう胞は小さくなっているものの
大腸との瘘孔は、そのままとのこと。
主治医からは「気長にかまえていきましょう」と言われた。

夫は会社の配慮で、現在はデスクワークをさせてもらっているが
本来は、エンジニアとして
現場を飛び回る仕事だ
いつまで、今の状況を容認してもらえるか。。。

まーでも心配したところで仕方ない。
なるようにしかならないさ。
スポンサーサイト

夏の贈り物

梅雨があけ、本格的な夏がきた!
我が家の庭にも夏がきた!
希望どおり、ブラックベリーは大豊作
たくさんの枝に鈴なりで、その名のとおり
黒く熟しはじめた。
以前採りためて冷凍しておいた
ラズベリーとワイルドストロベリーとともに
ジャムをこしらえた。
我ながら上出来♪
さわやかな酸味と香りがなんともいえない。
ジャムをつくると、家じゅうに香りが広がり
子供らも「夏がきたね~」と嬉しそう。

それから今年は「しそジュース」にも挑戦。
4月末に植えたしそが大きく育った。
これまた上等!
夫は飲んでいる薬への影響があり多くは飲めないが
子供らはごくごくとよく飲んでくれる。
夏バテには最高のドリンクだ。
そして、我が家の夏の味。

作り方は以下の通り

 ~ベリージャム~
材料:ベリー(ブラックベリー・ラズベリー・ワイルドストロベリーなど)
   砂糖:ベリーの半量
   レモン汁:ベリー300gに対し、レモン半個分が目安。

作り方1 深めの、蓋つき耐熱容器にベリー、砂糖、レモン汁を入れ
     1時間程度おく。
     (1度にたくさん入れると吹きこぼれて大変なことに!
      容器の高さ4分の1程度の量で作ってください。
     1度にたくさん作りたい場合はホーローやステンレスの
     鍋で、レンジを使用せずにつくってください。ただ焦げ付かないよう
     けっこうつきっきりの作業になります)

   2 1に蓋をして、電子レンジ600Wで7分加熱。
     
   3 砂糖が溶けていることを確認して、フードプロセッサーか
     ミキサーでピューレ状にする。
     (この時も入れすぎに注意)

   4 目の粗いざるで一度こす。(ブラックベリーは種がかなり
     かたくて口にあたるので。)

   5 4を再度レンジで6分程度加熱。(この時蓋はしない)
     
パンにつけてもおいしいし、ヨーグルトやアイスクリームにかけても
抜群です。

~しそジュース~
材料:しその葉350g(赤じそと青じその割合はお好みで
   ちなみに我が家は1:2)
  
   クエン酸 25g
  
   水    2リットル
   
   砂糖   1キロ

作り方
 1 しその葉は水洗いする。

 2 沸騰したお湯の中に1を投入 
   再び沸騰したら、10分煮出す

 3 2をざるなどで濾す(最後の1滴まで)

 4 3にクエン酸を投入(まるで魔法にように
   美しい紫色に変化します。)

 5 砂糖を入れ、溶けてひとに立ちしたら
   できあがり。

水やソーダで5倍程度に薄めて飲みます。
保存は冷蔵庫に

* クエン酸を使うので、鍋はアルミのものは
  使用しないでください。
  (ホーローやステンレスのもので)

ぜひお試しあれ!burog5.jpg




   
   

けっこうがっかり

夫の微熱が下がらない。
今朝は朝から7度5分の熱発。
仕事を休んで病院にいこうと懇願するが
夫は「どうしてもやらなければならない仕事がある」といって
きかない。

なんとか説き伏せて、午前中で仕事を切り上げ
病院に行くことに。
血液検査の結果、やはり炎症反応を示すCRPが1.9まであがっていた。
結局、のう胞の管をまた洗浄できるタイプに入れ替えることに。。。

最初からそうしてくれていれば、よかったのにと思う。
洗浄が瘘孔を塞ぐ邪魔をする可能性があるというなら
洗浄せずに様子をみて、だめなら再開すればいいだけの話なのに
わざわざ、洗浄できないタイプの管に入れ替えたりするから
こんなことになるのだ。

今回の件で、夫はかなりへこんだようだ。
「治る日がくるのかな」と
ポツリとつぶやいた。
日ごろ弱音を吐かない夫の、重い一言。

「誰かの本に書いてあったけど、病は治るときまでは治らないってあったよ
治るまでは、とりあえず今日1日を、めいっぱい楽しむことを考えようよ。
貴方が治るまで、私は全身全霊でサポートする!」と
私がいうと、夫は悲しそうな、それでも笑顔でうなずいた。

夫にできることがあれば
なんでもやる。
もし治らないという結果になってしまっても
「生きていてよかった」と思ってもらえるよう
全力を尽くそうと、改めて決意した今日だった。

微熱

夫ののう胞の洗浄を停止して
1週間がたった。
その影響か?
夫は時々、微熱を出すようになった。
このまま、様子をみたものか。。。

体重も、ここにきて増えなくなった。
今、夫の体のなかで何が起こっているのか
心の中に、再び巣くった重い雲

夫は、もう十分がんばっている。
なんとか良い結果になってほしい。

吉とでるか。。。

今日は夫の受診日
4日前に、のう胞の管が抜けてしまい
応急的にネラトンカテーテルという管を入れていたので
のう胞の洗浄がこの間できないでいた。
血液検査の結果がきになる。

結果、炎症反応はわずかに上昇していたが
かろうじて正常範囲内だった。

造影剤でのう胞の状態を確認したが
また一回り小さくなっているとのこと。
大腸との瘘孔も、以前より狭くなってきているとの説明も
あった。

これまで朝、夕の一日2回
生理食塩水で、のう胞の洗浄をしていたが
いったん止めてみようということになった。
洗浄することで、瘘孔を塞ごうとする修復細胞も
洗い流してしまう可能性があるというのが医師の説明。

理屈はわかるが、のう胞からはまだ膿がでてきているので
やはり気になる。
洗浄停止が、吉とでるか凶とでるか。。。

今日の検査結果は総じて良い方向に向かっていたのだが
大腸との瘘孔が閉じていることを切望して
本日の検査に臨んだ夫は
「いつのなったら 閉じるんだ」とかなりがっかりした様子。

それにしても大学病院は受診するにも体力がいる。
午後2時に病院に入り、出たのは7時だった。
それから薬局まで薬をもらいにいくのだがら
ほんま、疲れるわ~。

アクシデント

夫ののう胞に入っていただ管が
抜けてしまった!!!
皮膚と管は糸で縫い合わせてあったのだが
お昼寝をした際、管の先につけてあるバックを踏みつけてしまったのか?
本人は、気がつかないうちに
とにかく抜けてしまったのだ。

とりあえず、救急外来に連絡し
医大に走った。
医師が、新たに管を入れると
100ccほど出血があった。
抜けただけにしては出血が多すぎる。
いったいどうなってしまうのか。

以前何度も体験した、いいしれない不安が体中に広がる。
透視で、管がのう胞に入っていことは確認できた
結局、管が抜けた際の刺激で出血しただけだろうということになった。
ワーファリンを飲んでいるので、血がとまりにくいのだ。

救急外来の医師で、物品の位置がわからないといことで
応急的にあったもので処置するしかなかった。
結果夫のわき腹からは、長い管とGボトルという
お弁当箱のようなボトルが取り付けられた。

通勤の際、どうしたものか。。。

それにしても、一時はどうなることかと思った。
やれやれ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2010年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。