スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極のだいどんでん返し

今日、夫から昼ごろ電話があり
夜の7時から、主治医より説明があるという

いよいよ退院か?
それともこのまま人工肛門とじちゃう?
と期待に胸を膨らませながら
面談室に入った。

医師からの説明は
あまりに予想外だった。

夫の血液検査で
白血球が異常にさがり
よろしくない細胞まででてきていると。

重症急性膵炎との因果関係はなし。
明日から、骨髄検査など
早急に検査を始めると。。。

いったい、こんなことがあっていいのか
CTやレントゲンで、夫はおびただしい放射線を浴びている。
そのせいなのか

もう たくさん 

きっと きっと一過性のもので
すぐによくなる。

夫は、生死のふちをさまよい
もう、十分頑張った
こんな結果があっていいはずがない

絶対 絶対よくなる よくなる よくなる



スポンサーサイト

その後の経過②

今日は、夫は終日平熱
お腹もよく動いているようで
入院しているのが申し訳ないくらい元気だ。

病院に駆け込んだ時は
顔面蒼白、お腹はパンパン、二日目には高熱を出し
一時はどうなることかと肝を冷やした。

明日、検査の結果が良ければ
今週前半にも退院できるかもしれない。

2年越しのクリスマスツリー

今日、クリスマスツリーを飾った。
昨年は、クリスマスどころではなく
物置に眠ったままだったクリスマスツリー。

わが家のツリーは、オーナメントだけでははなく
チョコレートやキャンディーも飾り付ける。
毎朝1つ、「クリスマスまでのカウントダウン・お目ざ」として
子供らが、飾り付けたお菓子を食べるのが
わが家の恒例行事だった。

子供らが、中学1年になるまで
サンタさんがやって来ていたわが家のクリスマス
1年で、一番盛り上がるイベント
今年は、何としてでも家族そろって迎えたいです。

その後の経過

夫の緊急入院から5日たった。
幸い、入院した23日の夜には少しずつ人工肛門から出てくるようになり
翌日には、お腹に溜まっていたガスもほぼ抜けた様子。
3日目には、水分摂取が可能になり
昨日からは、重湯程度の食事もでるようになった。

ただ、3日前から高熱がでてしまった。
腸閉塞で高熱というのは
実は、とっても恐ろしかったりする。
腸が詰まって、増殖した細菌や毒素が
血液中にでて、「敗血症」という状態になっている可能性があるからだ。
そうなってしまうと
手の施しようがなくなってしまう。
これまで何度も味わった
深く重い不安。

だがありがたいことに
昨日あたりから、熱は下がってきてくれている。
ただ、まだ微熱が続いているので
不安を完全にぬぐい去ることはできないけれど。。。

はやく夫の背広に
アイロン掛けできる日が
帰ってこないかなぁ~

緊急入院

夫が、今日緊急入院となった。
イレウス(腸閉塞)をおこしてしまったのだ。

今朝まで、全くなんともなかったのに
お昼前くらいから、いきなりお腹がいたみだし
人工肛門から何もでなくなった。

大急ぎで医大の救急外来に走り
そのまま入院。
嘔吐も続いたので
鼻からチューブが入れられ
絶飲絶食で点滴で水分補給。

人工肛門の閉鎖が目の前の現実なり
年明けの手術を前に
クリスマスとお正月は
昨年の分まで思い切り派手にやろうと
計画を立てている最中だった。
そんな時に、それはないでしょう。

でもこれが現実。
受け止めて、できることをやるしかない。

事故にあう前は、人一倍強靭な体をもっていた夫。
その夫の心中を察するにはあまりある。
なのに夫は「仕事中でなくてよかった」といった。
本当は、叫びたくなるほど悔しく、腹立たしく、なさけないに違いない。

冷たく澄んだ空気。病院玄関の紅葉したどうだんつつじ
意識のない夫を病院において帰るしかなかった1年前と
同じ景色、同じにおい
ありありと思い出してしまい、深くため息をつく。

検査の結果は。。。

今日は、夫の大腸カメラの検査だった。
結果は、100%OKとはいかないものの
結論としては、年明けに人工肛門を閉じる方向でいくとのこと。
以前の検査で造影剤の通りが悪かった部分は
幸い癌や腸そのものの狭窄ではなかった。
ただ、癒着の影響か
極端に折れ曲がっているとのこと。
人工肛門を閉じたあとは、緩下剤や腸を動きやすくする薬で
様子を見ようということになった。

それから今回の検査で、ポリープが見つかった。
良性だが、ほっておけば癌化する可能性もあるので
年内にとってしまうとのこと。
これは1泊二日の入院となるらしい。


今日、カメラをしてくださったのは
重症急性膵炎で生死の境をさまよっていたころ
担当医だった消化器内科の医師。

図らずも1年前の今日、この医師から「死亡率 6割」の宣告をうけた。
そのことを医師に話すと
「あの時は、ほんとうに大変でしたね~。今だからいえるけど
正直、よく助かったと思います。」とちょっとウルウルしながら
感慨深げに話してくださった。

夫も頑張ったが、先生方も本当に力をつくしてくださった。
今日のカメラも1時間はかかった。
夫の腸は、あちこち癒着しているので難しいのだ。
大腸カメラは、まさに「大蛇との格闘」
臨床にいたころ、検査の介助についていた私は
その大変さをよく知っている。

夫の命を、本当に多くの方々が支えてくださっている。
感謝 感謝。

いよいよ明日

いよいよ明日、大腸カメラの検査だ。
普通なら、「前処置」といって準備が結構大変な検査だが
夫は人工肛門なので、これといって処置はない。
(すでに、大腸が空っぽなので)

検査結果によって
無事、人工肛門を閉じることができるか
はたまた、大手術か
もしくは、生涯人工肛門の生活になるか。。。

どんな結果でも、受け止める意外仕方ないと思っているが
やはり一番良い結果が出てほしいのが人情。

夫は、今でも十分頑張っている。
明日の検査で会社を休むため
今週はずっと残業だった。
そんな夫に、そろそろご褒美があってもいいじゃないの。ねー



大豊作!

我が家はマンションだが
1階で、40㎡ほどの庭がある。
文字通り猫の額ほどの庭だが、結構収穫できる庭なのだ。

今年は、台風の上陸がなかったせいか
柿が大豊作!
ならせっぱなしで、ろくに手入れもしていないが
けなげに、甘い実をたくさんつけてくれた。

何個かは、ヒヨドリに残しておいてあげるとして
夫と息子が、連携プレーで収穫
ご近所にけっこうおすそわけしたが
それでも、まだ籠いっぱいに収穫できた。
我が家のデザートとお弁当には
当分柿が登場することになるな~。

半分 バンザイ

昨日は、夫が医大のICUに運ばれて
ちょうど1年目の日だった。

図らずも、昨日は人工肛門を閉じれるか否かの
注腸検査の日だった。
造影剤を大腸に注入し
のう胞とつながっていた瘘孔がふさがっているかどうか
確認する検査だ。

結果は、○! 
大腸に空いていた孔はふさがっているようだとのこと。
それで、9か月間
夫の脇腹にいれてあった、管がとうとう抜けた!
これで、お腹にあった二つの孔が一つになった。

もろ手をあげてバンザイしたいところだが
新たな問題が発覚
大腸の一か所に
通りの悪いところが見つかってしまった。

医師の説明では
半年以上、機能していなかった大腸に
造影剤をいれた刺激で、一過性に腸が収縮してしまったか
もしくは、腸が炎症の影響で狭窄してしまったか
最悪はガンができていることも完全否定はできないとのこと。

前記なら、なにも問題なく
年明けにも人工肛門をとじる簡単な手術で終了。
もし後記が原因なら
大手術になるとのこと。

原因究明のため、来週大腸カメラをすることとなった。

1年間苦しめられてきた、のう胞は消失したが
半分バンザイといったところだ。

でも、とりあえず
今日は夫は元気
家族で過ごせる休日を
大切に過ごすのみ。

あの日から1年

あの日から1年たった。
文字通り。無我夢中の1年

あの日を境に
我が家の生活は一変した。

誰よりも強靭な夫が
検査室に入った二日後には危篤となり
私はただただうろたえた

そして全身を震わせ、歯をくいしばり、私自身壊れる寸前までいった。

医師からの「死亡率6割」の宣告
2度の手術
半年の入院
私の退職と再就職

なんと密度の濃い1年だったことか・・・

本日夫は残業で帰りが遅くなるとのこと。

外は冷たい風がふいている。
いつものように、駅まで迎えにいける今日に感謝。

完成形

日曜日の夕方
家族皆で「サザエさん」を見ながら
我が家の休日定番メニュー、餃子を包む。

「お父さん、ちょっと餡を入れすぎだね
皮があまっちゃうよ」なんて、子供らから指摘されながら
苦笑いして餃子を包んでいる夫

たわいない、日常の一こまだが
幸福の完成形があるとしたら
こんな風景なのだと思う。

家族そろって夕げを囲むという
幸せの完成形を
毎晩味わえる我が家
なんとありがたいこと。

秋の大原

今日は、以前から楽しみにしていたベニシア邸訪問の日。
春のベニシア邸もすてきだったが
秋もまたしっとりとしていい感じ。

なんだかんだで1時間ほど歩いたが
夫も途中でへばることなく
さわやかな秋晴れの中
秋の大原を堪能した。

それにしてもベニシアさんは
相変わらず、しなやかでパワフルだ
夫の事も良く覚えていてくれて
「元気なって よかった 私もうれしいわ~」と
手を握ってくれた。

メディアにでることが多くなり
すっかり有名人になってしまったので
逆に不便なこともあるそうだ。

でも会えば、いつもとかわりないベニシアさん。

私も、彼女のように
周囲の人々にパワーを与えられるような
人間になりたいと思う。


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。