スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査の結果は。。。

今日は、夫の大腸カメラの検査だった。
結果は、100%OKとはいかないものの
結論としては、年明けに人工肛門を閉じる方向でいくとのこと。
以前の検査で造影剤の通りが悪かった部分は
幸い癌や腸そのものの狭窄ではなかった。
ただ、癒着の影響か
極端に折れ曲がっているとのこと。
人工肛門を閉じたあとは、緩下剤や腸を動きやすくする薬で
様子を見ようということになった。

それから今回の検査で、ポリープが見つかった。
良性だが、ほっておけば癌化する可能性もあるので
年内にとってしまうとのこと。
これは1泊二日の入院となるらしい。


今日、カメラをしてくださったのは
重症急性膵炎で生死の境をさまよっていたころ
担当医だった消化器内科の医師。

図らずも1年前の今日、この医師から「死亡率 6割」の宣告をうけた。
そのことを医師に話すと
「あの時は、ほんとうに大変でしたね~。今だからいえるけど
正直、よく助かったと思います。」とちょっとウルウルしながら
感慨深げに話してくださった。

夫も頑張ったが、先生方も本当に力をつくしてくださった。
今日のカメラも1時間はかかった。
夫の腸は、あちこち癒着しているので難しいのだ。
大腸カメラは、まさに「大蛇との格闘」
臨床にいたころ、検査の介助についていた私は
その大変さをよく知っている。

夫の命を、本当に多くの方々が支えてくださっている。
感謝 感謝。
スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。