スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入社員

本日、先週実施したマルク(骨髄検査)と
今後の治療方針について説明がありました。

結果はうれしいことが一つと
望まなかった事がが一つ

嬉しい結果は
マルクの結果、芽球は0・4%(5%以下で成功)で、寛解にもちこめたこと
望まなかった結果は
今回の検査で、以前の検査ではみつからなかった
遺伝子の異常が発覚し
結果として、抗がん剤治療だけではなく
骨髄移植をすすめるということでした。

なんとか抗がん剤治療で治癒する可能性を期待していたので
(でもそれはうすうす難しいと感じていましたが。。。)
「あ~~ やっぱり」という感じです。

再び、腹をくくる時がきました。

被災された方々のお辛さを想えば
まだ生きる道が残されているだけで感謝です。

話は変わりますが
明日4月1日は、実は私の入社式
10月から派遣社員として勤務していた企業の健康管理室に
4月から正社員として勤務することになりました。
会社には夫の状況もすべて説明し
「それでも正社員にする気?」と確認しましたが
ありがたいことに、受け入れてくださるそうです。
正直なことをいうと、仕事なんか投げ出して
夫の専任看護師になりたいのですが
家計のことを考えると、そんなわがままもいっていられません。
それに夫が、強く私が安定した職につくことを望んでいるので
夫を安心させるためにも
今回の社員登用をありがた~~~~~く承りたいと思います。
何より被災された方々のことを想えば
仕事があることに感謝です。

あぁ~~ でも明日の本社での入社式
受付で「保護者の参加はおことわりします」なんていわれそう(^^:)

明日はぴちぴちの
新入社員の方々から思いっきりパワーをいただきにいきます。

スポンサーサイト

明日はいよいよ

明日は、担当医から先週の骨髄検査の結果と
来週からはじまる抗がん剤治療の説明があります。
あ~~~~~~~ 緊張するなぁ~。

ちなみに、本日の血液検査は
白血球が1300→1500 ヘモグロビン 6,8→8,3 
血小板は16万から22万まであがりました♪
赤血球が微減だったので輸血になるかな。。。と思いましたが
ここにきて赤血球も増えてくれて
ほっとしました。

来週からは「地固め療法」といわれる
2度目の抗がん剤治療がはじまる予定です。
なんとか、白血病細胞だけをしっかり叩いて
副作用は、極力軽くですんでくれるといいなぁ~。



余波

夫の本日の血液検査は
白血球が1000→1300に 赤血球はは微減 7.2→6,9(うーーん輸血になるかな。。。)
でも血小板は正常域の16万になりました♪
入院時は2万代だったので大きな進歩です。

今週の木曜日
先日実施した骨髄検査の結果と今後の治療方針に関して
担当医から説明の予定です。
いまから、心臓バクバク
なんとか良い結果がでてほしいなぁ~

大震災から、はやいもので半月がたちました。
遠く離れた関西でも、様々な影響がでています。
夫の検査に使用される試薬も
以前より入荷が難しくなったと、医師から話があったそうです。

直接の被害を受けた方々のお辛さから比べたら
ものの数ににもなりませんが
改めて、今回の被害の甚大さを想います。

原発周辺では、放射線の影響で
放置されるしかないご遺体も多数あります。
ご遺体自体が高い放射線をはなって、搬送できないケースもあるそうです。
残されたご遺族は、どんな状況であっても
愛するご家族にとりすがって
お別れをいいたいでしょうに
本当に、こんな辛いことがあっていいのか。。。

私なんかが、どんなに泣き叫んだところで
被災された方々の辛さが減るわけではないので
今、できること
自分の役割を、粛々と果たすしかありませんね。

日本の物質的な豊かさは、異常だったのだと思います。
今こそ日本じゅうが
真の幸せとは何か、生き方を大きく変えることが必要だと
深く思います。

ベニシアさんの言葉

この震災で、愛する人を亡くされた方が身近におられたら
下記のベニシアさんのHPに記載されている言葉を
送ってさしあげてください。


以下、ベニシアインターナショナルのHPより引用

ずっと大好きだった人たちは、私たちの思い出の中でこれからも生きていきます。彼らは今も私たちと共にあり、形は違えど、今も交わることができるのです。
この美しい世界に生まれてきて、ここで出会い、しばらくの間、共に過ごし、そして悲しいけれど、いつの日か別れを告げる――それが人生というものです。
愛する人を失った方々のことを思うと、私の心は痛みます。私も悲しみでいっぱいです。私の父も母も、ある日、突然、亡くなりました。そのとき、このエッセイのおかげで、私は笑顔を取り戻せました。


死とはどういうこと?


海を進んでいく船をじっと見つめていたら、水平線の向こう側に消えてしまった。
私のそばにいた人が、「いなくなった」と言う。どこに行ってしまったのだろう?
船は私の視界から消えただけで、今も私が見たときと同じ大きさのまま存在している。
船がだんだん小さくなり、やがて姿を消したのは、私の視野の中だけのこと。
隣の人が「いなくなった」と言ったときも、向こう側にいる人たちは船が現れたのを見て、
「ほら、やって来るよ!」と喜びの声をあげていたに違いない。
死とは、そういうこと。


ブレント司教


いま生きている人たちの命は大切です。ここにいることに感謝する気持ちを持ちましょう。
一日一日を心の底から誰かのために生きていたら、すべての人に吹き渡る恵みの風がまた助けてくれるでしょう。



--------------------------------------------------------------------------------

やっぱりいいなぁ~

夫が、ほぼ一か月ぶりに
自宅に帰ってこれました。

昨夜の夕飯は、久しぶりにお皿5枚並べて
家族そろっての食卓です。
メインメニューは、手作り餃子
夫ももちろん包むのを手伝います。

それから先日、息子が摘んでくれていた
土筆の卵とじもこしらえました
病院からもらった「食べてはいけないもの」の中に
土筆はありませんが(土筆なんてたべるひとあんまりいないもんね~)
やはり、胞子で増えるものなので
ほんの少し、夫には味見してもらいました。

ほんとは、夫の好物は御刺身ですが
今は生もの禁なので
いましばらく我慢です。
でも、家族と食卓をかこめることが
最高の贅沢と幸せです。


サプライズ!

夫のもとに寄って家についたら
すぐに夫に電話
「無事についたよ」コールをしないと
夫が心配するからです。

その電話でいきなりサプライズ!
「先生が、家からでなかったら外泊していいってさ」

え゛~~~~~~~~!!!  早くて来週だと思っていたので
うれしいやら、びっくりするやら!!!
外泊に備えて空気清浄機など準備していてよかったぁ~

明日のメインディッシュは
餃子に決定!

どうか無事に外泊できますように。

このまま、抗がん剤で順調に
治癒にむかってくれるといいなぁ~

速報

先ほど夫から電話が入りました。

本日の骨髄検査
遺伝子などの詳細については1週間ほどかかるものの
顕微鏡で観た結果は
現時点では白血病細胞はみられないとのこと。

なんとかこのまま
健やかな血球だけが順調に増えてほしいです。

夫の状況を
いつも心配してくれている
以前勤務していた診療所の師長さんにお知らせすべく電話したら
「今、宮城にいるの~~」と思いがけない応え!
かつての職場が所属している
民医連という団体は全国から医療スタッフを被災地に派遣しています。
その一人として、私が敬愛してやまない
以前に上司が、被災地の最前線で奮闘していました。

恵まれた環境で
ぬくぬくと暮らしている自分が
恥ずかしい限りです。



お願い、鎮まって!

連日、報道される原発事故。
一刻も早く鎮静化、終息にむかってほしいです。
被災地に心を寄せながらも
人と言うのは、やはり自分の家族や己の安全を優先しがち。

原発が鎮まれば
被災地の救済と復興に、日本全体が集中することができます。
原発の現場では、石原都知事のいう「我欲」など微塵ももたない方々が
文字どおり命をかけてたたかっておられます。
この心意気に、なんとか報いがあってほしい。



夫は本日血液検査で
白血球がなんとか1000になり血小板は10万をこえることができました。
ということでマルク(骨髄検査)実施。
いい結果がでるといいな。。。

夫が健康をとりもどせたら
二人で、被災地の方々とともに
復興に携わりたいです。

駆け引きしませんか? ぱーと2

ねえ神様

私は看護師として長年勤めてきました。
この8年は、看護師だけでなくカウンセラーとしても
悩みを抱えるか方々のお話を聴いています。

被災された方々には物的支援はもちろん必要ですが
心のケアも今後長期にわたって必要です。
一時であっても、その想像を超える悲しみと苦しみに
寄り添う人が求められます。

心のせまい私は、白血病の夫をおいて
被災地に駆けつける勇気がありません。

夫が健康を取り戻してくれれば
被災地にとんでいって
体をさすりながら、ひたすらその辛さを聴かせていただければと思います。

どうですか
看護もできるカウンセラーって
沢山はいません。

夫を元気にしてくれた方が
絶対お得だと思うけど、いかがなもんでしょう。

明日は、血液検査
少しでも良い結果がでてくれるといな。。。

掛け引きしませんか?

夫は、一級管工事士の資格をもち
プラントエンジニアとして
配管や空調の設計施工のプロです。
事故に遭う前は、現場責任者として激務をこなしていました。

そんな夫を、遊ばせておくのは
もったいないと思いませんか?

ねえ神様、夫は被災地復興に即戦力としてつかえる人間です。
元気にして、うまくつかってやろうと
思いませんか?

ちなみに事業所とセクションは違えど
原発では、夫の会社の方々も
現場で決死の対応をされています。

原発そのものの修復は専門外かもしれませんが
周辺施設の復旧には
役にたつ男だと思いますよ~
元気にしたほうが、絶対役にたつと思います。

ねえ、駆け引きしませんか? 神様

わかってはいても・・・

本日の夫の血液検査
おかげ様で、前回より少しですが改善していました。
(白血球 600→800  血小板 4→7)
どうかこのまま、健やかな血球だけが増えてくれますようにm(_ _)m

ある程度血球がが増えてくれば
次の抗がん剤治療が始まります。
幸い、初回の抗がん剤治療は激しい吐き気などはなかったけれど
不整脈は頻発しました。
今から心配してもしかたないとはわかっていても
やはり不安というのが正直なところ。。。
さらに、連日の被災地の報道が
追い打ちをかけるように
私の心を暗くしてしまいます。

被災地の方々が、歯を食いしばって生きておられるのに
恵まれた環境でぬくぬくと生活していることに
感謝してしかるべきなのに
なんだか、被災者のお気持ちの一端がわかってしまうだけに
正直つらいです。

先日まで隣にいた愛する人が
一瞬にいなくなってしまう喪失感
(亡くなった長女は突然死に近い状況でした)
先行きの見えない、言い知れぬ不安

そんな重い気持ちを引きずって家にもどると
ちょっとしたサプライズが♪

今日、学校が休みだった息子が
「つくし」をとってきてくれていました。
雨の中、頑張ってつんできてくれたらしいです。

夫はこのつくしの卵とじが大好き!
冷凍保存しておいて
食べられる時期になったら
息子の真心を食べさせてあげたなぁ~


生きていくということ

震災から10日がたった今も
被災地の厳しい状況が報道されています。

愛する家族、仕事、住まい
生活の基盤を一瞬に失った方々

わが家も現在先行きの見えない不安の渦中にあるので
そのお気持ち
一端ですが、共有できます。

生きていくって
本当に大変です。

一日も早く、なんの憂いもなく
心から笑える日を
迎えられたらいいな。。。

明日は夫の血液検査の日
少しでもよい結果がでること祈っています。


大草原の小さな家

「大草原の小さな家」
寅さんとならぶ、私のフェイバリットです。

主人公ローラ役のメリッサ・ギルバートは
私と同い年
子供のころから、NHKで放映されるこの番組を
ものずごく楽しみしてみていました。
(再放送も再々放送も 再々再放送も、ず~~~~~っとみてました。)

私が生まれ育った家は
昭和の典型的な家庭
父親は、仕事でほとんど家におらず
夫婦喧嘩もないけれど両親が仲睦まじくしていたという記憶もありません。

そのような環境にあったためか
ローラの家庭にものすごくあこがれていました。
「大人になったら、あんな家族をつくるんだ!」と
心に決めていました。

夫と初めてあったとき
「この人とだったら、インガルス一家のような家庭をもてる」と直感しました♪
それで、夫も私のことを気に入ってくれたのか
出会って2週間目の私の誕生日には
婚約してました。(バースデープレゼントがエンゲージリングだったわけで。。)

現在は、「大草原の小さな家」ではなく
琵琶湖の近くの小さなマンション(小さなだけは同じです)ぐらしですが
家族は、ローラの家族にも勝るとも劣らない
愛にあふれています。

挨拶がわりに夫とはハグしていたのに
今は感染症予防で
背中にそっと触ることしかできないのがさびしいけれど
今は我慢。

大好きな
「大草原の小さな家」がDVDで定期販売されているので
迷わず大人買いして
夫と病床で一緒にみています。

インガルス一家のように
どんな困難も乗り越えていける
そんな家族になりたいな~。

やっぱり・・・

連日、福島原発のニュースが流れています。
その中で、体に及ぼす放射線の影響も
たびたび放送されています。

夫が重症急性膵炎の治療中にあびた放射線
半端じゃないことを新ためて知りました。
多い時は2回/週 CT検査がありました。
その後ものう胞の造影や。。。

医師は「関係ないとおもう」とうそぶいていいますが
今回の白血病発症と
これまでの被ばくが無関係とは思えません。
ただ、それを証明したところで
夫の病状がかわるわけではなく。。。

なんとか、抗がん剤治療が功を奏して
治ってほしい。

夫の遺伝子異常にはinv16という
抗がん剤に反応しやすい型となっています。
重症急性膵炎の治療で
もう十二分苦しい治療をしてきた夫

どうか白血病細胞が消滅して
健やかな血球が回復しますように

救命率4割に食い込んだ夫です。
きっと、まだこの世でやらねばならないことがあるから
助かったはずです。

生きてほしいです。



兆し

本日の夫の血液検査
さがりっぱなしだったデータが
少し回復の兆しをみせはじめました。

500まで下がっていた白血球が600に
輸血なしで、3だった血小板が4,2になりました。
このまま白血病細胞が消えたまま
健やかな血球が順調に増えてくれるといいな。。。

夫は優秀なエンジニア
健康を取り戻すことができれれば
被災地の復興のため大活躍できる人財です。

病室で何もできない自分を歯がゆくおもっている夫
被災地のためにも
元気になってほしいです。




雪に想う

夫の直近の検査
白血球が500になりました。(正常 3500~8500)
赤血球は8、血小板は3と
本日の輸血はぎりぎりセーフ

明日の血液検査で、そろそろ正常な血液が
立ちあがってきてほしいものです。

今日は、ここ滋賀も冷え込み
雪がふったりやんだり

被災地の方々はどれだけ寒いおもいをされているのでしょう。
心が痛みます。
また、原発の鎮静化に向けて
まさに命がけで対応してくださっている方々
それを支えるご家族のお気持ちも
察してあまりあります。

この寒さと、雪が
原発にだけ降り注げばいいのに。。。

一日も早く、日常と平安がもどってほしいです。


日常という奇跡

明るい電灯のもと
家族そろって食卓をかこめたらいいな

朝、いってらっしゃい
夜、おかえりなさいがいえる幸せ

今日は月がきれいねといったら
となりでそうだねといってもらえる幸せ

あたりまえと思っている日常は
実は奇跡だということ

奇跡の日々を、また送れるようになれたらいいな~


今、深い悲しみの中にある方々にも
一日も早く日常が戻ってきますように。





生きる

夫の脱毛が始まりました。
見た目はほとんどわからないのですが
シャワーを浴びると
すごい髪の毛の量だとか・・・

で、今日夫は断髪式
病院内の床屋さんに出張いただいて
じつに40年ぶりに
くりくり坊主になりました。

夫の頭はとっても良い形なので
坊主あたまでもすごく素敵です。
昔、俳優の中井 貴一さんが主演をつとめた
「ビルマの竪琴」の水島上等兵を
彷彿とさせます。(キャラも似てるし。。。)
でも夫は
「これで本当の癌患者だな」と
かなりテンションダウン
そのあと
「震災で亡くなられた方々を想えば
生きる道が残されていることに感謝しなければ」と深い一言。


今回の災害で犠牲になられた方がの
ご冥福をただただお祈りいたします。 
また、今底しれぬ悲しみの中におられる方
何もできませんが
心をを寄せている者がいることを
どうぞ覚えていてください。

ともに、ともに前にすすんでいきましょう。

祈り

テレビには、信じられない映像が流れています。

こんなこと
あんまりです。

震えがとまりません。

今、何ができるのでしょう。

どうか、どうか一人でも多くの方が助かりますように

閻魔様へ

夫は、事故に遭わなければ
昇進して、事業所の所長になることが決まっていました。

重要なポストに就く前に
以前から健診で指摘されていた胆石を治療しようとした
りちぎな性格が仇になりました。
決して出世欲の強い人ではありませんでしたが
新しい役職には、少なからず思い入れがあったと思います。

それがたった30分の内視鏡操作で
人生を大きく変えられました。

半年に及ぶ壮絶な闘病の後
お腹に二か所の孔をあけたまま
それでも復職した夫。
現場で忙しく仕事をしている部下や同僚が
手が回らないでいる雑務を拾いまわって
「仕事にいけるだけでありがたい」と受診日と熱を出した日以外は
休まずに仕事にいっていた夫

ご褒美があってしかるべきなのに
今度は白血病だなんて、本当に人生というものは無情です。
軟禁状態の個室の窓から
夫がどんな気持ちで外をながめているのか
想像しただけで
胸がつぶれます。

以前もブログでのせましたが
夫は、前回の入院で文字通り意識不明の生死の境を彷徨っていた折
閻魔さまにあったそうです。

厳しい岩肌の山(御嶽山だったそうな・・)を
やっとこさ登りつめたら
頂上にいた閻魔様から崖下につきおとされたそうです。

閻魔様、今度夫が頂上に上り詰めるようなことがあっても
また、絶対に突き落としてください。
お願いします。

赤血球輸血デビュー

夫、入院15日目

ヘモグロビンが一気に5,2に落ちました。
で、本日赤血球輸血デビュー
こころなしか、顔色がよくなったような。。。

抗がん剤の「骨髄抑制作用」は少なくともあと10日ほどは続くと思います。
当分、輸血の日々かなぁ~
そのあとは、なんとか自力で
健康な血液を造れるようになるといいなぁ。。。

本日も、ノンアルコールビールを差し入れ!

職場の冷蔵庫をかりて
冷えた状態でお持ちいたしました(^^)

ありがたいことに
今の私の職場は、夫の病院まで車で10分足らず。

以前の職場からは1時間20分ほどはかかっていたので
今回はフレックス勤務をせずに
夫のもとに通うことができます。

プシュー 

夫、入院14日目

抗がん剤は、がん細胞だけでなく
正常な細胞にも大きく影響します。

直近の検査で
夫のヘモグロビン(貧血の指数)は7.2
事故に遭う前の夫のヘモグロビンは16だったので
半分以下です。

さすがに顔色が、抜けたような色になってきました。
少ない赤血球で生きるため
体は夫をなるべく動かないようにコントロールします。
具体的には、眠くなるのです。
昼間も、夫はうつらうつらすることが多くなりました。

そんな中
今日は、夫にノンアルコールビールを差し入れ

久ぶりの「プシュー」の音で
気分だけは、いつもの休日気分♪
お味は?
「けっこうビールっぽい味するね~~」

一時であっても
夫が「心地よい」と感じることができれば
私もうれしいです。




めざせ合格!

有り余る時間を持て余していた夫ですが
資格試験の勉強を始めることにしました。
目指すは「建築管理士」(だったっけ?)

以前からチャレンジしたかったそうですが
事故に遭う前はなんせ残業が200時間/月のハードワーク
前回の入院時は、テレビさえみる気力がなかたので。。。(^^:)

白血病という、かなりシビアな病の中にあって
資格試験の勉強とは
いかにも夫らしいと苦笑しています。
本当は、CAD(図面作成ソフト)の認定試験の勉強をしたかったようですが
夫の入院している病院はPC持ち込み禁止
担当医に掛け合いましたが
「気持ちはわかるけれど、特別扱いはできない」と
あっさり却下されちゃいました。

まだ、1回目の抗がん剤治療が終わったばかりで
この先どうなるか
全くの未知数ですが
夫が少しでも、何かやる気になってくれたことが
嬉しくてたまりません。

早速今日、本屋でテキストを求め
差し入れてきました。
がんばってね~~~。

ぜいたくな悩みかも。。。

夫、本日入院11日目

夫と同じ抗がん剤で
吐き気や下痢など、辛い副作用に苦しむ方々がおられます。

そんな中、夫は幸いなことに
苦痛をともなう副作用がでないでくれています。
(小腸に人工肛門が造ってあるので、下痢にもなりようがないのですが・・)

昨年、重症急性膵炎で入院していた時は
動きたくても、体中機械につながれ
(マックス、輸液ポンプが10個ついていました。)
動くことができませんでした。

今回は動くことはできるのに
個室に軟禁状態。

夫にとっては「たいくつ」という「くつう」が
ストレスになっています。

夫の実家は専業農家
もの心ついたころから家を手伝い
高一で、父親を亡くしてからは
家計を助けたい一心で
高卒後、プラントエンジニアとして就職。

義兄が実家をついでからは
青年海外協力隊として、エチオピアで現地の方々と
頑張った時期もありました。

帰国後は、納期の厳しいゼネコンにあって
月200時間を超える残業を、慢性的にこなしていた矢先の
医療事故でした。

誰かの、何かの役に立つことに幸せを感じて生きてきた夫
「自分自身が楽しむこと」が
得意ではありません。

傍でみていて、なんとも切ないのですが
こればっかりは、夫が気持ちを切り替えてくれるのを
見守っていることしかできません。

1回目抗がん剤治療終了しました。

本日、夫入院10日め
抗がん剤治療7日目

本日の10時をもって、1回目の抗がん剤治療が終了しました。
治療5日目には、何と血液の60%をしめていた
芽球(白血病細胞)が、検出されなくなりました。
この病はそう簡単な相手ではないので
一喜一憂しないほうがよいけれど
今は、素直にうれしいです。
この芽球未検出が、ず~~~~~~~~~~~~~~~っと続くといいなぁ~

四半世紀前、内科病棟に勤務していたころ
白血病の抗がん剤治療は
「壮絶」そのものでした。
そのイメージがこびりついたので
かなり構えて今回の寛解導入療法に臨んだけれど
夫は、食事もほぼ完食♪
多少のだるさはあるものの
かつての抗がん剤治療と比べものにならなりません。

2回目以降の治療は、もっと強力なものになるので
不安もありますが
心配したところで、何かが変わるわけではないので
今は、今日が無事に終わろうとしていることに
感謝するのみです。

上げ膳、すえ膳

夫、本日入院9日目
抗がん剤治療7日目です。

抗がん剤の影響かどうかわかりませんが
「目がみえにくくなった」といっています。
明日あたり、眼科の医師の訪問があるとか。。。
大きな問題でなければよいのですが・・・

仕事帰りに夫のもとに走り
家にもどると、いいにおいが♪
高校の卒業式で、今日は子供らの学校が休みだったので
思いがけず、娘が夕飯をつくってくれいました。

メニューは、鶏肉のマヨ・ポン酢焼き
ジャガイモと玉ねぎのお味噌汁
コールスローサラダ
おまけにイチゴのコアントローと
デザートまでついていました♪

まだまだ、段取りが悪く
2時間近くかかったようで(^^:)
学年末試験目前のこの時期
「だいじょうぶかい?」と思いましたが
娘の真心、ありがた~~~~くいただきました。
(これが結構おいしかったです)

夕飯の片づけは
双子の息子が分担して担当

上げ膳すえ膳の母は、ご満悦でこざいます。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。