スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は一発で入れてくださいね~。

夫、本日移植に向けて
胸の静脈に点滴(CV)を入れる処置でした。
移植が1週間延期になったのだから、CVも1週間ずらしてよ
といいたいのですが
担当医のスケジュールとおそらく病院サイドのスケジュール
(医学生さんの見学プログラム)の都合で
CVだけが予定日どおりになったようです。
結果は失敗
大勢の学生さんに囲まれた中で
2回も刺されたあげく、本来入るべきダブルルートの管が入らず
明日に持ち越されることとあいなりました。
かろうじて、シングルの細いチューブがはいったので
明日は透視下で、ガイドワイヤーを入れ
それに沿わせて、太い管をいれるらしい。

相当痛かったらしく
めったに怒りの感情を表に出さない夫が
めずらしく「いいかげんにしてくれ!」と
ご機嫌斜めでした。(とーぜんです)

本来CVは左の鎖骨下静脈にいれるのですが
夫の場合、重症急性膵炎の際できた血栓の関係で
左より深いところにある右鎖骨下静脈からしかCVをさせません。
前回の化学療法で4か月以上にわたってCVをいれていたため
挿入部の周囲が固くなっていたのも
失敗の原因のよう。

どうか、明日はスムーズに入りますように。

入口で躓いてしまい
くら~~くなっている私に
高校生の息子曰く
「今度の移植の中で、いやなことは全部先に終わるようになってるんだよ
しんどいことが、先にきたから、後は全部うまくいくよ」とのこと。
家族ってありがたいですねぇ

それから、先日まで入院していた実家の父が
40度の高熱にうかされていた時(かなり危険な病状だったらしい)
不思議な夢をみたそうな

それは、宮崎のパワースポットとして有名な
江田神社に、夫の全快祝いのお礼に皆でにぎにぎしく
お参りに行く夢
それも2回もみたそうです。
これまでは、めいしんや非科学的なものに対し
鼻でわらって馬鹿にしていた父が
神妙な口調でいうので、なんかご利益ありそう。
もちろん、夫の病室には江田神社のお守りも
祭ってありまする。

3回目のお礼まいりは
夢ではなく、現実のものとなりますように。

なにがなんでも
もっとこの世で夫とともに生きたいのです。





スポンサーサイト

本日入院

夫、本日予定通り入院となりました。

初めてのクリーンルーム
リモコンで、ブラインドから照明まですべてコントロールできます。
窓からは琵琶湖も眺めて
2~3日、休養するにはいいかも。。。
でも外界とシャットダウンされている感が大きく
さびしがり屋の夫には
結構辛いかもねぇ

入院直後に血液検査があり
私がいる間に担当医から説明がありました。
一番気になっていた、肝機能ですが
改善傾向♪
γーGTP とD-Bil以外は正常値に戻っていました。
ただ、万全を期すため
移植は1週間あとにずれ込むことに・・・
結果、今週末は外泊とあいなりました。

家を出る前は、家族皆でお仏壇に手を合わせて
かなり意を決してでてきましたので
ちょっと肩すかしをくった感じですが
内心ほっとしてます。
というのは、当初の移植日の9月8日は
双子の息子らが、修学旅行の真っ最中。

「お父さんが移植だと思うと、旅行あんまり楽しめないなぁ」
なんて、泣かせることをいってたので
私も気になっていたのです。
これで息子らには、思いきり修学旅行
満喫してもらいたいなぁ

それにしても、この時期に
北海道旅行なんてうらやましい
お土産、楽しみにしてよっと。




秋の味覚

おかげさまで夫の膝がだいぶ良くなってきました。
んでもって
足慣らしも兼ねて
夫と近くのスーパーに買い物
久しぶりに夫との病院以外のおでかけです。

早いもので
来週から9月、お店にならぶものも秋の気配です。

今日は、夫のリクエストで
秋刀魚をゲット。
例年よりお高めでしたが
脂ののりもよく
焼き立てを、皆でぱくつきました♪
子供らも「お~~~ 久しぶりの味だぁ。」
お味噌汁は、夫の肝臓のことを考え
しじみ汁にしてみました。
これも好評

それから、わが家の秋の味といえば
いくらの醤油づけ(^^)
生のいくらを、だし醤油とみりんで漬け込みます。
ゆずの皮を刻んでいれるのがポイント。

普段は、子供らが部活の早朝練習などで
朝はなかなか家族がそろわないのですが
明日は久々に、家族で朝食をいただけそうです。
今季初のいくらご飯
楽しみです。

たわいない、ありふれた日常ですが
これ以上の幸せなんて
ないですよね。


心配の種

本日夫、血液内科受診
結果、よかったのは骨髄検査
芽球とよばれる白血病の指標になる値が
0・6%で、正常値
ほっとしました。

しか~~し、気になっていた肝臓機能が
先週より悪化
まじめに禁酒してたので
原因がアルコールでないことが判明

先日不本意ながら受けた全身のCTでも
原因となるような所見はなかったと医師の説明

でも結果だけでいうと
胆汁のうっ滞を示すデータ
いったい、何が原因なのか。。。

心配の種はつきません。

でも予定どおり
週明けに入院になりました。

もう、これまでのような
悪いどんでん返しは、もうたくさんです。

どうかどうか、すべての治療が
うまくいきますように
毎日、駅まで出勤する夫を送迎できる日がきますように

なんでもします
あきらめません。

一番良い結果がでますように

明日。夫は血液内科の外来です。

前回の受診で、肝機能の値が少し悪かったため
アルコール禁にして
明日再度採血予定
その結果で、移植のための入院日が確定します。

骨髄検査の結果説明もありますが
問題があれば、病院からすでに連絡が入っているとおもいます。
それがないところをみると
大丈夫だったのかな

どうか明日の外来
一番良い結果でありますように。


相変わらず膝に痛みはあるようですが
おかげさまで、一時期よりは
だいぶましになったとのこと。

できれば、今週末
入院に向けて、短時間でも夫と買い物ができればと思っているので
膝のほうも、早くよくなってほしいなぁ

予定どおりにいけば
来週の今ごろは
夫、移植の前処置(抗がん剤投与)中のはず。
来週の今頃
どうかブログに、夫の順調な治療経過を
載せることができていますように。

運転手つき出勤

本日夫、医大の口腔外科に受診です。
奥歯を抜かなくなったけれど
その分、外来で治療に通わなくてはなりません。
なにぶん膝を傷めているので
車がないと不便

マイカーは普段私が通勤に使っているので
本日は夫の運転で出勤でございます。

夫の膝、なかなかすっきりしない様子
早くよくなりますように
それから体重が、ここ3~4日で
急に増えました。
足が少しむくみ気味なのが心配で。。。

先日の心臓エコーでは
特に問題ないとのことですが
やはり気にはなります。

心配したところで
どうにもならないとはわかっているけれど。。。

どうかどうか夫の移植が
大成功で終了しますように。
半年以内には社会復帰までもっていけるといいなぁ~

どんな状況でも、夫は素敵ですが
仕事をしている夫は
本当にかっこいい!

背広姿もいけますが
ユニフォームにヘルメットの夫はめちゃいい男

夫のユニフォームに、毎日アイロンをかける日が
また戻ってきますように
どうかそんな、当たり前の日常が
返ってきますように。

涼しすぎる~

数日前の猛暑が
うそみたいな、涼しい日になってます。
明け方なんか、窓をあけていると肌寒さを感じるほど

せっかく気候が良くなってきたのだから
夫とおでかけしたいところですが
夫は膝の痛みが続いているので
家でだらだら、ごろごろです。

夫、移植のための入院が
いよいよ近づいてきました。

ヘモグロビンが14・8
白血球も6000代に順調に回復している夫
治療のためとはいえ
これを大量の抗がん剤で
叩き潰すなんて
現代医療というのは、なんだか残酷

どうか、大過なく
すべての治療がスムーズに終了し
来年の今頃は
以前の「共働き」に
戻っていますように。

今年のクリスマスやお正月は
希望に満ちた気持ちで
家族そろって、自宅で過ごせていますように。

禁酒令

夫、本日4週間ぶりの
血液内科外来でした。

血液検査の結果
貧血の指標となるヘモグロビンが11→14・8と
立派な数字(道理で顔色がいいわけだ)
白血病細胞も検出されませんでした。

ただ、夫の白血病の型は
再発しやすいタイプのため
骨髄検査も実施
結果は1週間後に説明予定です。
(どうか寛解が維持されてますように)

医師曰く
「白血病に関しては、本日問題はありません。ただ
アルコール結構飲んでませんか?」と鋭い指摘。

前回退院2週間目の血液検査で
肝機能に全く問題なかったので
ちょっと油断して
たしかにアルコール量が、そこそこ増えていたのは事実です。

「お兄さんが頑張って幹細胞採取してくれたんだから
 今後は、アルコールは一切とらないようにしてください。」と
もっともな医師のお言葉
ということで
夫、本日より禁酒です。

飲んでいたといっても
350ccのビールを2本(結構多いか。。。)

仕事にいけないという大きなストレスを抱える夫の
唯一ともいえる
息抜きだったのですが
命には代えられませんしねぇ

それから、本日膝の痛みをみてもらうため
整形外科を受診
結果、「血流が悪いのと、無理をしたため」とのことで
温湿布を処方されました。
なんとか、おさまってくれますように。





三つの”ホッ・・”

本日、おかげさまで
兄からの末梢血幹細胞の採取が終了しました。
当初の予定より1日遅れましたが
昨日くらいから、幹細胞が順調に増え
1回の採取で必要量が採れたとのこと。
兄も「これで責任が果たせた」と
心底、ホッとした様子でした。

それから、一時はかなり厳しい状況だった実家の父が
明日退院することになりました。
数か月にわたる入院で
すっかり足腰が弱ったようなので
自宅でのリハビリが大切ですが
あの我がままな父が、素直にリハビリしてくれるかどうか。。。
でもまー とりあえず退院です。

さらに、本日抜歯予定だった夫の奥歯ですが
再々検討の結果
抜かずにすみそうです。

まだまだ、超えるべきハードルはありますが
まずは、今日は三つの「ホッ」です。

明日はほぼ一か月振りの血液内科の外来です。
どうか、血液検査が良い結果でありますように

膝の痛みは相変わらずのようで
心配の種はつきませんが
とりあえず、今日はねよ~~っと。

うまくいきますように

今日午後から予定されていた
兄からの幹細胞採取は
明日以降にもちこされることとなりました。

グランという幹細胞を増やす注射の影響で
兄は、かなり腰が痛く
また微熱で体がだるいとのこと。
にもかかわらず
「うまく幹細胞が増えないみたいですまないなぁ」と
逆に頭を下げられてしまいました。

本当に申し訳ないことです。

夫に対する兄の想いが
なんとか報われますように。

うまくいきますように。

どうか増えてください。

夫の幹細胞移植のドナーになるため
遠く九州から入院してきてくれている
兄の状況が思わしくありません。

「末梢血幹細胞」といって
特別な薬を注射し、本来は末梢血にはない幹細胞(血球の赤ちゃん)を
骨髄から出させて、採取するやり方ですが
血液検査の結果、あまり幹細胞が血中にでていないとのこと。
やはり58歳という年齢が
ネックになっているようです。

このままだと
日を改めて
全身麻酔による、骨髄採取ということになってしまいます。
そうなると、兄には肉体的にはもちろん
様々な面で負担をかけてしまいます。

年齢だけでなく
兄は夫よりかなり小柄
ドナーの条件として
決してベストとはいえません。

なんとか、末梢血からの採取がうまくいきますように
移植がすべてうまくいき
兄家族と
「あの時は気をもんだなぁ~」なんて
笑って話せる日がきますように

兄の幹細胞
どうか どうか増えてください。

困った性格

今朝、起きたら
夫が右足を引きずって歩いています。

私「どうしたの!!!」

夫「うん、 痛くなった」

私「何か思い当たることある???」

夫「若い時、傷めた古傷がでてきたんだろう」

私「え゛~~~ そんなことあったのぉ 、んでいつから痛むの
なんで黙ってわけぇ~(怒)」

夫「1週間くらい前から違和感はあったけど、そのうちおさまるかと思ってな」

ほんと、夫の性格にもは困ったもんです。
一昨日、昨日と
九州からドナー予定の兄に付き添って来てくれた
義姉と姪をあちこち案内したのが
おそらく悪化の原因。
(滋賀の石山寺も、京都の三千院も急な階段や坂道が多いのです)
リハビリだからといって
ここ10日ほど、ずいぶん歩いていたのも
ひびいているのでしょう。
なにせ抗がん剤治療中の4カ月もの間
病室に軟禁状態だったわけですから
膝を支える筋肉もかなり弱っていたはず。。。


自分の足の痛みより
遠方から来てくれた義姉たちに楽しんでもらいたいという
夫の優しさなんでしょうが
もっと状況を考えてほしいもんだわ(--:)

とりあえず、安静とシップで様子を観ることに。。。
白血病だけでも、心配や不安は計り知れないのに
これ以上心配させないでほしいものです。

まったくもう! の1日でした。

兄が入院しました。

昨日から
夫のドナーになる兄が
幹細胞採取のため入院しました。

遠く九州から
せっかくのお盆休みを夫のために入院にあててくれました。

1泊だけですが
義姉と姪も同行

ということで今日は、京都大原を案内
時間に制約があったので
三千院だけしか参拝できませんでしたが
猛暑のなかでも、院内は不思議とひんやり。

義姉曰く「こんなとこだったら一日いても飽きんわ~」」と
そこそ楽しんでくれたようです。

昼食は「たんば茶屋」という
自宅の畑でとれた野菜をメインに出してくれるお店で
旬の野菜を堪能。
どのお野菜も、味が濃く
本当においしかったです。
(入院中の兄には申し訳ありませんが^^:)

食いけが先行してしまい
写真とるの忘れてました。

完全復活した夫と
またいきたいなぁ~。

夫、本日外来でした。

夫、本日外来でした。
メインの血液内科ではなく
移植準備のための
消化器外科(人工肛門の経過観察)、口腔外科、心臓エコー
肺機能検査と盛りだくさんの一日。
朝9時から夕方4時までの長丁場でした。
(病院にいくのも体力いります。)

結果、口腔外科で
奥歯を1本抜歯するとのこと。
前回の外来では
歯周ポケットに抗生剤を詰めて様子みましょうとのことだったらしいけど
ドクターズ会議の結果
万全を期すため
抜いちゃうことになったそうです。

夫は、医療事故で重症急性膵炎になった際
IVH(胸の静脈にいれる点滴)を挿入した箇所に
血栓ができてしまったので
ワーファリンという、血を固まりにくくする薬をずっと飲んでいます。
なので、いったんワーファリンを中止し
来週抜歯とあいなりました。

「奥歯を抜くと、噛みにくくなるからいやだなぁ~
痛くもない歯をぬいちゃうのかぁ。。。」と
夫は気落ちしております。

移植前には、何本も抜歯されちゃう方も多いときいているので
1本ですむなら幸いと思わなければならないのかもしれませんが
本人にしてみれば
大問題です。

準備だけでも、相当のエネルギーを要する幹細胞移植
どうか、うまくいきますように。






畑のお宝

今日、大切な友人(といっても母と同い年で)のOさんが
自宅の畑で丹精込めて作った
ぴっかぴかのお野菜を届けてくれました。

夫が重症急性膵炎でたおれたときは
病院にとんできてくれて
何度もお見舞いに来てくれた
情の深い方です。

実は夫が白血病になったことは
伏せていました。
昨日、ひさびさに会うことができ
「実は・・・・」と状況を話したら
「なんで黙ってたの!!!」とおしかり半分
「生き抜くんだよ」と励まし半分

Oさんのお野菜は
無農薬で、ものすごくおいしいのです。
「トトロ」にでてくるおばあちゃんの畑の野菜と同じ
宝の山みたいな畑です。

Oさんのお野菜を食べて
さつきちゃん、めいちゃんのお母さんみたいに
夫も元気になってくれるといいなぁ



8月6日

今日は、8月6日

早朝、オープンキャンパスにでかけた息子を除いた
家族4人で
8時15分、黙祷しました。

66年たった今も放射能の影響で苦しむ方々がいること。
そして、福島第一原発からは
今も放射能が放出され
もたらす被害は、測り知れません。

夫は医療被爆で
半年間に少なく見積もっても700ミリシーベルトの
放射線に被爆しました。
結果白血病を発症

原爆も原発事故も
人ごとではありません。

放射線は
本当に怖いのです。

平和の尊さや
本当の豊かさについて
改めて考える1日です。




私ども夫婦共通の夢は
子供らが独立したら
田舎に住んで、畑を耕しながら生きることです。

実は、本当は結婚したら
すぐにでも農業につくはずでした。
大分県の新規就農事業で
具体的に就農することまで決まっていました。

しかしながら、その頃
長女が心臓病におかされていることが判明
治療に専念するため
就農をあきらめた時
長女が他界

悲しみに打ちひしがれていた折
九州から関西へと夫に転勤命令

その後、次々に3人の子供を授かり
就農の夢は
定年後に持ち越されました。

現在、夫は白血病治療途中で
先行きは極めて不透明ですが
夢はすてていません。

夫と二人
時々遊びに来る孫たちとともに
畑の野菜を収穫する。

そんな夢をいつも心に描いています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2011年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。