スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤血球が上昇です。

夫、移植から46日目

本日の血液検査
白血球 2300
ヘモグロビン 8、8(網状赤血球 30!)
血小板 6.6
CRP 0,08

1週間、輸血なしで
赤血球も血小板も、増えてきました♪

ただ夫の体調は
食欲不振と倦怠感が持続してます。

なかなか回復を体感できない夫は
いらつき気味
「もう疲れたわ」と吐き捨てるようにつぶやきます。

夫の気持ちを想うと
私も、心が潰れます。

2年前の医療事故
ただの災難で終わらせたくない。
ただの災難で終わったら
私たちは、みじめなだけ。

せめて、何か意味があったと
夫がうけとめてくれることを
ただ祈るだけ。

明日は、今日より夫が元気になっていますように。

=追記=
先週末、予定していた部屋変えは
病院側の事情で中止になりました。
ということで、夫
まだ無菌室におります。
スポンサーサイト

まずは、よしとしましょう。

夫、移植から45日目

昨日から今日の夕方にかけて
ほぼ2カ月ぶりにわが家ですごしました。

体調はまだまだ良いとはいえず
今日は横になることが多く
動作も、すべてゆっくり。
時々つく深~~~いため息に
私もつられてしまいそう。

ただ、「外泊できた」
今回はそのことをよしとしましょう。

今週末は、もっと元気になって
またわが家で過ごせるといいなぁ。

外泊決行です!

夫、移植から44日目
実は、本日外泊を決行しました!
昨日までは、「絶対無理」と夫も私も思っていましたが
今朝、体調がちょっと復活
お昼になっても
結構調子がよさそうということで
思いきりました。

病室から病院の玄関まで
夫はゆっくりゆっくり歩きます。
途中で座り込むんじゃないかとひやひやでした。

病院から自宅まで
車で30分

途中、車に酔ってしまい
「気持ち悪いわ~」と。。。
やはり無理だったかなぁと思いつつ
家に戻ると、次第に回復傾向。
時々横になりながらも
テレビを楽しんだり、お茶を飲んだり。。。

夫のいる家は
やっぱりいいです。

無菌室卒業ですが。。。

夫、移植から43日目
本日の血液検査
白血球 2000
ヘモグロビン 8
血小板 6・3
CRP 0.04

ヘモグロビンは前回と同じですが
回復マーカーの網状赤血球が28まで増えました。
(基準値は2~20)
これで次回こそ、ヘモグロビンは上昇するはずです。
血小板は前回から微減ですが
輸血なしでの値なので
実質はアップだと思います。

ただ、血球が回復傾向にもかかわらず
夫の体調はすぐれません。
倦怠感と食欲不振で
げんなりしてます。

医師は、外泊をせまりますが
夫は「血液検査だけみて判断するな?どうして患者の体調を
優先しないんだ!」とご機嫌も斜め。(でもごもっとも)
めったに怒りの感情をだす人ではないのですが
思うように改善しない体調に
かなり苛立ちを感じているのがわかります。

とはいえ血液検査が改善したので
明日、無菌室から大部屋に移ることになりました。
本来ならば、喜ぶべきことなのに
夫はブルー。
なにせ、ベッドの横にあるトイレにたつのさえ
しんどい状況。
大部屋だと、トイレまでいくのも一苦労

元気になってほしいです。

3歩進んで2歩下がる

夫、移植から42日目

昨日、復活したと思ったら
今日は再びダウン
「とにかくしんどい」とのこと。

担当医曰く
「貧血が進んだのでしょう。網状赤血球がもっと増えなければ
ヘモグロビンはまだ上がらないですよ~」だそうです。

にもかかわらず
担当医から爆弾発言がありました。
「今週末、外泊してもいいですよ 主治医はもういつ退院しても
いいっていてるくらいですからぁ。とりあえず明日から高カロリー
輸液はストップしますね」

へ???
え”~~~~~~~~~つ!!!

こんなにへろへろなのにぃ?
食欲もないのに点滴やめちゃうのぉ?

夫と一緒にのけぞってしまいました。
でも医師からいうと
夫はとても順調なのだとか。。。
信じたいけど
正直「ほんまかいな~」ってところです。

外泊は無理でも
日曜に外出できるくらい
夫が元気になってくれているとうれしいです。

ちなみに本人は「今の状況じゃ無理」と
あまり前向きではありませんが。。。
でも、気分転換にはなると思うけどな~。

兆しです。そして今日は。。。

夫、移植から41日目

本日の血液検査
白血球2200
ヘモグロビン8
血小板 6.8!
CRP 0.04
好中球 1562♪

ここにきて、やっと赤血球や血小板に
回復の兆しが見えてきました。
ヘモグロビンは前回より下がっていますが
4日前から輸血はしていません。
何より、回復のマーカーになる網状赤血球が
3→10に、ぐんと増えました。
明後日の血液検査では
おそらくヘモグロビンは上昇しているはずです。
このままいけば、今後は赤血球の輸血は
しなくて済みそうです。

血小板も今までにない数字です。
昨日輸血はしましたが
確実に増加傾向。
明日は輸血なしでいけるかな?
んでもって、次回の血液検査で5を超えていたら
おそらく、血小板も輸血は終了となるはずです。

血球の回復とともに
夫も少し元気がでてきました。
昨日までは、起き上がるのもしんどそうだったのが
今日は自力で売店に買い物にいけたそう。
たった1日で、めちゃ進歩です。

それから今日は、1歳1か月で亡くなった
長女の誕生日です。
今日で二十歳になりました。
お花がとても好きだった娘
今日は、愛らしいコスモスの絵ろうそくをともして
お祝いしました。

夫の血球回復は
二十歳になった長女からの
メッセージだと思います。
ありがとうね。みーしゃ。

ちょっと前進かな?

夫、移植から39日目
本日の血液検査
白血球 2100(おぉ~ 自力で2000超えた!)
ヘモグロビン 8.3(輸血のおかげか?)
血小板4.6(こちらも輸血のおかげか微増)
CRP 0.08(完全に正常値)
好中球 1419(よしよし)

血液検査は、少しずつ良くなっています。
ただ夫の体調はいまいち

先日のカレー事件で
食欲復活か!!!と喜んだものの
病院の食事が
匂いだけで吐き気をもよおしてしまい
「カレーなら食べられるかも」と
這うようにレストランにいったというのが実情らしい。

今夫が口にできるのは
ちらし寿司やお稲荷さん。
せっせと夫の元に差し入れます。

ただ、倦怠感はあいかわらず。
シャワーを浴びる気力もなく
ここのところずっと清拭
化学療法の際も、Hbが8代だったことは結構あったのですが
今回は16→8なので
影響が大きいのでしょうか。

でも良い兆候も♪
赤血球の回復マーカーになる
網状赤血球が
今日少し増えました。
主治医からは、「今後はもっと増えてくると思いますよ」とのこと。

明日は、今日より元気になっていますように。

(正直、ここのことろ、私自身が疲れちゃいました。本日コメント欄は
閉じさせていただきますね)


カレー事件

夫、ミニ移植から36日目

本日の血液検査
白血球1900 (おっ 増えた♪)
ヘモグロビン 7.1(いよいよ輸血ね。。。)
血小板 4.2(微 微増)
CRP 0・13(おぉ~~ 正常値だわぁ)
好中球 1277(オッケー!)

身の置き所のない倦怠感で
ぐったりしていた夫ですが
今朝からお昼にかけて、ちょっと復活
なんと、最上階にある病院のレストランに
自力でカレーを食べにいったとさ

はぁ~~~~~???

3日前までモルヒネ使ってた人が
なんでいきなりカレーなわけ???

でもなんだか無性に食べたかったそうです。
んでもって食べてみたら(それも完食)
結構おいしくいただけたそうです。
ただ、いつもより辛く感じたとか・・(そりゃそうでしょう)
夫をあれほど苦しめていた
口や喉の痛みは
おかげ様で、ほぼ治ってくれたみたいで一安心。

私が推理するに
夫の倦怠感はおそらく「ヤク切れ」
モルヒネが終了したことによる離脱症状だったのかと思います。
離脱症状とは所謂禁断症状ではありません。
疼痛のコントロールとして使用するモルヒネは
十分管理されて処方されるので
「頼む、ヤクをくれ~~~っ」といったような
依存症にはなりませんので、ご心配なく。

ただ、調子にのってちょっとうろうろしたらしく
夕方からはふたたびダウン
これは多分、貧血が進んでいるのに急に動いたせいだと思います。
なんといってもわずか一カ月で
ヘモグロビンが16→7,1
半分以下の赤血球で、酸素や栄養を全身にまわさねばなりません。
おまけにいきなりカレーなんて食べたので
血液が胃腸に集中しちゃったんでしょう。

本日の血液検査でも
赤血球増加を示唆する網状赤血球はまだ低値らしく
もうしばらく忍耐の日々です。

ただ、うれしいニュースも♪
1週間前の骨髄検査で
夫の骨髄の細胞は97%、兄のものに変わっていたとのこと。

兄の幹細胞様
どうか、どうか健やかな血球を
どんどん増やして
夫を元気にしてください。




よい兆しでありますように

夫、移植から34日目

本日の血液検査
白血球1700(微減)
ヘモグロビン 7・8
血小板 4,0
CRP ?

モルヒネの投与がなくなり
今夜から、免疫抑制剤が内服にかわるとのこと。
結果、点滴は高カロリー輸液のみになりました。
見た目は、ずいぶんすっきりしたけれど
夫の体調はさっぱり。。。

昼間は廊下を歩く元気があったそうですが
夕方から、身の置き所のないような
倦怠感におそわれ
ベッドにじっと横になったままです。
相変わらず、食欲もありません。

貧血もさらにすすみ
手足の色が、青白く
私の不安をいっそう大きくします。

昨日の輸血のおかげかもしれませんが
血小板が、2,6→4に増えました。
回復の兆しであってほしいです。

辛そうな夫をみるは、もういやです。
元気になっているという
実感がほしいなぁ。


良いことだけを

夫、移植から32日目

血液検査は
白血球1800(あらら さがちゃった。。。)
ヘモグロビン 8 (こっちもダウン、なんとか立ち上がって輸血はセーフになってほしいです。)
血小板 2.6 (こちらは微増、昨日の輸血のせいかな。できれば上昇の兆候であってほしい)
CRP 0.34 (これは下がったほうがよい値。ほぼ正常値になりました)

本日よかったこと。

*モルヒネの投与量が、ここ3日間続けて半減してます。
*昨日までは痛みで飲みにくかった顆粒状の薬が
 今日は飲めるようになりました。
*血小板がちょっとあがりました。
*CRPがかなり下がってきました。

本日つらかったこと

*白血球がさがっちゃいました。
*ヘモグロビンが一か月前の半分以下になり、体がだるそうです。
*食欲がなかなかでません。

「良かったこと」にだけ
目を向けていこうねと夫と話しています。

それにしても、どーして神様は
わが家のようにもともと仲の良い夫婦に
これまでの試練を与えるのでしょうか。。。

世間には、健康に恵まれながらも
互いに、不平不満だらけで
「帰宅恐怖症」になるサラリーマンもたくさんいるというにねぇ

今日は、息子が学校帰りに夫のもとに来てくれました。
夫の肩に手を当て
「ハンドパワ~~~~」と
真剣な顔をして手当をしてくれました。
どうか父を想う素直な息子の気持ちが
お兄さんの幹細胞様を大いに鼓舞してくれますように。

余談ですが
息子の「重症急性膵炎の時とどっとがしんどい?」の質問に
夫曰く
「そりゃー 重症急性膵炎の時だろう
でも”辛さ”ていうのは忘れちゃうんだよ
今は、今がしんどいわぁ~」とのこと。

どうか1日も早く
今の辛さを忘れて、元気になった夫を囲んで
家族で笑える日がきますように。




薄紙をはがすように

夫、本日移植から29日目
血液検査は
白血球 2900
血小板1.1万
ヘモグロビン 9.1
好中球 1900
CRP 0.6

おかげさまで白血球は安定してきましたが
血小板の回復が遅れています。
正直、心配。。。

体調は夫の体感的には横ばい
でも、おかゆに梅干しをいれていたところをみると
口の痛みはよくなってきていると思います。

化学療法の時は
抗がん剤投与からきっちり一か月で体調がもどり
ルンルンで外泊でした。
夫は、移植=ちょっとしんどい化学療法
くらいに思っていたようで(あま~~い!)
思うように回復しない自分の体に
いらだちを感じているようです。

今は、ただただ状況を静観する時期
じたばたしても
仕方のない時なのだと自分に言い聞かせています。

夫がんばってます。

夫、本日移植から28日目

ちょっと、久しぶりの更新です。
この間、いろいろとありまして。。。
詳細を説明するとなが~~~くなるので
超はしょりますと、昨日までは絶不調で
やっと今日から、ちょっと元気がでてきました。

昨日までは、ほぼ寝たきり状態だったのが
今日はテレビを観れるくらいに回復。
まだまだ口やのどの痛みはありますが
今日の夕方は、カップそうめん
完食できました♪

モルヒネの投与もかなり減ってきたので
口調がクリアになったのもうれしい変化です。
(モルヒネ大量投与時は、妙にハイでろれつもまわってなかったし^^:)

このまま、快復基調にのってくれるといいなぁ

明日はもっと元気になーれ。

調子はいまいち

夫、本日移植から25日目

血液検査は白血球 1800(グランが中止になったせいだと思います。)
血小板 2.2(本日も輸血)
ヘモグロビン 9.8
CRP 1.6(おかげさまでだいぶ下がりました)

生着はしたものの
体調はいまだすっきりしません。

口の痛みは、ましにはなってきていますが
その分モルヒネが減薬になっているので
痛みとしては、結構強いとのこと。
くわえて胸のむかつきがずっとつづいており
食事がなかなかすすみません。

今日、午後から夫のもとに行きましたが
清拭の時以外は
ずっと横になったままで
起き上がる元気がありません。

化学療法が、実にさくさくと
調子よく進んだので
今回の移植のしんどさは結構応えます。

でもま~~ 兄とはいえ
人さまの細胞で血液を造るという大事業
体が慣れるまでには
それ相応の時間が必要ですね。

明日は今日より元気になりますように。

朗報です。

夫、移植から22日目

本日の血液検査
白血球 2600!!!
ヘモグロビン 9.9
血小板 3.2
CRP 7.96(4日前は23)
好中球は1274です(2日前の10倍ですぅ♪)

正確には
好中球500以上がが3日間継続した初日が
「生着」ということになります。
ただ、普段は厳しいことしかいってくれない主治医から
「ここまできたら、もう生着でまちがいないでしょう」と
いっていただきました。

移植で越えなばならない
大きな山を一つ越えました。
メールやコメントで
夫を想ってくださっている皆様に
あらためて、心より感謝いたします。
ありがとうございます!!!

これからはGVHDのコントロールが最重要課題となります。
虫がいい願いだとわかっていますが
お兄さんの幹細胞様
どうか夫の白血病細胞だけ叩き続け
健全な細胞は極力攻撃しないでくださいねぇ~。

うれしいハプニング

昨日、夫に生着の兆しがあったのを見計らったように
うれしいハプニングがありました。

なんと、以前大部屋でごいっしょになったのがご縁で
なかよくなったTさんが
お隣の無菌室に部屋替えになりました。

ここの無菌室は完全個室ではなく
入り口はひとつで途中から二つに分かれている構造。
常に、お隣の気配を感じることができます。
Tさんは、無菌室マターの患者さんではないのですが
個室が必要な患者さんがこられたけれど
大部屋もいっぱい。
ということで元気なTさんが一番動かしやすいということで
2日前に退院されて空き部屋になった
お隣のへやに移ってこられました。

「いやいや~、無菌室なんて入ることないから何事も経験や」とTさん。
私もなにかにつけ奥様とおしゃべり。

夫の血球が回復したら
無菌室でお茶会やDVD上映会もできそうです。
医大始まって以来の
にぎやかな無菌室になるかも♪

なんかわくわくしてきました。

明日は血液検査日
お兄さんの幹細胞様、頑張って白血球をいっぱい作ってくださいね~。



兆しです!!!

夫、本日移植から20日目

白血球が100→300に増えました!!!
生着の基準となる好中球も0→128です!!!

ここにきて、回復の兆しがでてきました。

「生着」は好中球が500を超えなければ確定できませんが
無から128の意味は大きいと思います。

好中球0から今日までの10日間
夫の口腔内の痛みはひどく
マックスのモルヒネをもってしても
その苦痛を取り去ることはできません。
唇は、まるでやけどをしたように腫れあがり
唾を飲み込むことすら、激痛に襲われるしまつ。
発熱も続いていました。

ときおりうわごとのように
「もうちょっと、もうちょっと」と
うつろなまなざしでつぶやく夫のそばにいると
私自身、もう潰れてしまいそうで。。。

「生着不全」 最悪の事態がずっと頭を離れず
PCを開く気にはなれませんでした。
そんな中、例の豪快な准教授の女医さんが昨夕
「フルマッチの兄弟間移植で、生着不全はありえません。
移植した幹細胞にもいろいろあり、幹細胞→成熟した細胞に
なるまで、ちょっと時間がかかるタイプもありますが
必ず生着しますよ」といっていただきました。

生着するとわかれば、待つことはできます。
んでもって、本日の「兆し」でした。

主治医は相変わらず
「好中球が500を超えなければ生着とはいえませんよ」
と冷静なお言葉ですが
今は准教授のお言葉を信じます。

本ブログを通し
コメントやメールで
本当に多くの方々に励ましや慰めのお言葉をいただきました。
皆さまの想いが
夫に通じたのだと思います。
本当にありがとうございます
ただただ感謝です。

状況報告です。

しばらく更新できずに申し訳ありませんた。

夫、移植から18日目ですが
生着がまだ確認されていません。

体調も悪く
どうしてもPCを開く気持ちになれませんでした。

この間、多くのかたにコメントや
メールをいただいておりますが
お返事を書く力が
今私にはありません。

どうぞお許しください。

良いご報告ができる日を
私自身が切望しております。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。