スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の光

本日、夫は約二か月ぶりにのう胞の造影検査があった。
結果は、かなりのう胞が小さくなっているとのこと。
レントゲンで観た感じでは
親指の先ほどになっているらしい。

実は夫ののう胞は、大腸だけでなく
小腸にも数か所、瘘孔をつくっていた。
それが今日の検査では、すべてふさがってくれたいた。
ただ、肝心の大腸との瘘孔は、相変わらずあいたままだ。

今日は、管の位置を、少し引き抜く感じで
固定をしなおした。
抜いた箇所の、のう胞がぺちゃんこになってくれれば
大腸との瘘孔も、閉じていく可能性がでてくるという。

今後の検査予定としては
一か月後に、再度のう胞の造影
それで、もし瘘孔が造影されなければ
大腸カメラで腸のほうから造影を行い
それでも瘘孔が確認できなかければ
人工肛門を閉じる方向ですすめていけそうだとのこと。

今まで、期待するだけ期待させられて
突き落とされることが多かったので
今は、じっと経過を見守ろうと思う。
それでも 医師から「人工肛門を閉じることも可能になるかも」という
言葉がでたのは、正直うれしい。

造影検査では、多量の造影剤を使うので
検査後は、だるさや発熱することが多い
にもかかわらず、夫は検査が終わるとその足で職場へむかった。
そこまでがんばらなくてもと思うが
まー 夫らしいと思う。

せめて週末は、ゆっくり休んでもらおうっと。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

レモンタイム・ママ

Author:レモンタイム・ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。